「路傍の石」の山本有三記念館です。大正期の欧風建築として、貴重な建物です。戦争中は1階の応接間を「ミタカ少国民文庫」として子供たちに開放したり、戦後も「有三青少年文庫」として、三鷹の児童たちに読書の大切さを教えてきた場所です。